DSpace
Hokkai-Gakuen Organization of Knowledge Ubiquitous through Gaining Archives
 

HOKUGA >
北海学園大学 >
法学部・法学研究科 >
研究紀要 >
北海学園大学法学研究 >
第44巻第1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hokuga.hgu.jp/dspace/handle/123456789/1016

Title: <判例研究>銀行が法令により義務付けられた資産査定の前提として債務者区分を行うために作成し、保存している資料は、民訴法220条4号ニ所定の「専ら文書の所持者の利用に供するための文書」に当たるか
Authors: 酒井, 博行
SAKAI, Hiroyuki
Issue Date: 30-Sep-2008
Publisher: 北海学園大学法学会
URI: http://hokuga.hgu.jp/dspace/handle/123456789/1016
Appears in Collections:第44巻第1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
HOUGAKU-44-1-5.pdf482.67 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.