DSpace
Hokkai-Gakuen Organization of Knowledge Ubiquitous through Gaining Archives
 

HOKUGA >
北海学園大学 >
人文学部・文学研究科 >
研究紀要 >
北海学園大学人文論集 >
第16号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hokuga.hgu.jp/dspace/handle/123456789/1318

Title: Love and the Individual (in Education)
Other Titles: 教育における愛と個人
Authors: Jones, Willie
Issue Date: 31-Jul-2000
Publisher: 北海学園大学人文学会
Abstract: 伝統的に「愛」と「個人」という言葉は日本人にはなじみの薄い言葉であり,特に教員と学生の関係を語るときにはあまり考えないことばです。しかし私がお話ししますことはまさにその「愛」と「個人」のことなのです。それはなぜかと言いますと,「愛」と「個人」ということこそが非常に重要な問題であり,そのことを考えることを怠ることは,きわめて基本的なことを見過ごすことになり,また「愛」と「個人」ということこそすべての教員が考えるべき事であると私は信じるからであります。私たちが学生を教育していると言う時,私たちは一体何をしていると言うことなのでしょうか。日本人の子供たち(大人も同様ですが)を語るときよく"units of society"(社会の単位)と言います。私の考え方は単に外国人の視点であると反論される方もおありでしょうが,しかし私はこのことは非常に間違っていると思うのです。人間は社会の利益のために存在するのではなく,社会が人々の利益のためにあるのです。しかしながら,人々が皆コミュニティーの福利のために働こうとするならば,その社会はうまく機能するのです。それゆえに全ての人を同一のクローンのように育てないように教育するというのが学校の仕事ではないでしょうか。個人の才能を伸ばし,それによりその個人が社会において自分の役割を果たすように教育することが学校の仕事ではないでしょうか。しかしそれは私たちが個人として目覚めて利己主義になっていくということを言っているのではありません。仮に私たちが学校で自分が持っているある才能に気がつき,その才能を伸ばすように指導されたとしたら,私たちはこれらの才能を他の全ての人々の利益のために効率良く使うことができるのです。そのためにはこれらの才能を養い,育てなければなりません。子供たちが自分が持っている才能を大切にし,さらに他人の才能を大切に思うようになるには愛という媒介が必要なのです。これは難しいコンセプトであり,危険な感情であります,しかしそれを避けてはいられないのです。恐怖心を掻き立てるようなしつけや過酷なしつけというものは学びたいと思う気持ちを壊し,個人の成長を押さえてしまいます。しかし仮に私たちが自分かおこなっていることが好きであれば,その事をよりよく理解するようになります。それゆえに教員の仕事は学生が自分のやっていることを好きになる手助けをすることなのです。そのための唯一の方法は教員が学生達を好きである・愛しているということを示すことなのです。(例えば,3年B組の坂本先生や金八先生),そして学生の全てを平等に愛することなのです。もしそのことから学生が先生に対する愛を育んでいく(そのようになる傾向がありますが)ようになれば,まさに3人のパートナーの踊りが生まれるわけです:教員と教えた科目と学生の3つのパートナー(ボッティチェリのPrimavera: the dance of the Three Graces)これらの考えをまず愛という問題を語ることから始めます。それはこれが地盤(土)であり,その他の全てのものは愛から育っていかなければならない(愛からしか育っていかない)からであります。そして次に個人という問題に触れます。これらのことを皆さんに考えて頂くために,それぞれの事例となる逸話を交えながらお話しいたします。
Japanese society has traditionally found it difficult to use the terms "love" and "the individual", especially (it may be) when speaking of the relationship between teachers and children. But they are what I propose to speak about since I believe that they refer to matters of great importance, and that a failure to think about them is to overlook something quite fundamental, something that every teacher ought to consider: what do we think we are doing when we claim to be educating children? It is not uncommon (indeed, it may seem quite natural) to speak of Japanese children (and adults, too) as "units of society". If this implies that children must be taught to adapt themselves to a particular, pre-selected mould regardless of the child's own nature or gifts, I shall argue that this view is mistaken: people do not exist for the benefit of society: society exists for the benefit of people. Nevertheless, society functions best and is best for everybody if its members can make their own contribution to the well-being of their communities. I shall therefore argue that it is not the job of the schools to turn each individual into an identical clone of everybody else, but to develop each person's individual talents so that each and everyone can play his or her own part. Traditionally, Japanese writers have been suspicious of this approach since they believe it will lead to egoistic individualism, but it does not follow that if we are aware of ourselves as individuals we shall therefore be selfish: if we have been led, at school, to recognise our own particular talents and encouraged to develop those skills, we can use these gifts for everybody else's benefit, and use them more effectively. This will require that these gifts be nourished and fostered, and the only way in which children ever learn to treasure their own gifts and the gifts of others, is through the agency of love-a difficult concept and a dangerous emotion, but that does not mean we should run away from its demands. Fear and harsh discipline destroy the urge to learn and stifle an individual's growth: if, however, we love what we are doing, we shall come to a better understanding of it. It is therefore the teacher's main task to help children to love what they are learning, and the only way to do this is for the teacher to show that as well as loving the subject, he loves his students and loves them all, equally. If this arouses love in the students for their teachers (which it will tend to), we shall have a dance of three partners: the teacher, the subject being taught, and the student. I shall develop these ideas by first of all speaking about the issue of love, since this in fact is the ground (the soil) from which everything else must (and can only) grow, and secondly the issue of the individual. I shall illustrate my talk with a number of anecdotes which will, I hope, serve as examples of what I wish to encourage you to think about.
URI: http://hokuga.hgu.jp/dspace/handle/123456789/1318
Appears in Collections:第16号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
JINBUN-16-4.pdf1.23 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.