DSpace
Hokkai-Gakuen Organization of Knowledge Ubiquitous through Gaining Archives
 

HOKUGA >
北海学園大学 >
経営学部・経営学研究科 >
研究紀要 >
北海学園大学経営論集 >
第01巻第4号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hokuga.hgu.jp/dspace/handle/123456789/393

Title: TMT分析モデルにおけるパワー構造要因の重要性 : 社長-TMTメンバー間異質性に関する実証可能性の検討
Other Titles: The Importance of Power Factors on TMT Analysis Models : For Empirical Research on Heterogeneity between CEO and the Other TMT Members
Authors: 佐藤, 大輔
Satoh, Daisuke
Issue Date: 0-Mar-2004
Publisher: 北海学園大学経営学会
Abstract: 本研究は,TMT研究におけるパワー要因とプロセス要因に関する新たな視角を提示するための試験的な議論を展開している。特に,先行研究によって個別に扱われてきたパワー要因やプロセス要因に関する,統合的な視点の重要性と,それらの要因間の相互作用の重要性を指摘している。より具体的な分析モデルとして,コンフリクトとパワー構造に注目した分析モデルが提案され,それらの実証可能性が検討される。さらに本格的な実証研究に先立つパイロット調査として,パワー構造の影響を考慮した,コンフリクトの組織パフォーマンスに対する影響を検討し,今後の課題と展望に言及する。
URI: http://hokuga.hgu.jp/dspace/handle/123456789/393
Appears in Collections:第01巻第4号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KEIEI-1-4-8.pdf555.67 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.