DSpace
Hokkai-Gakuen Organization of Knowledge Ubiquitous through Gaining Archives
 

HOKUGA >
北海学園大学 >
工学部・工学研究科 >
研究紀要 >
北海学園大学工学部研究報告 >
第31号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hokuga.hgu.jp/dspace/handle/123456789/772

Title: 3次元有限要素法による声道音響特性の検討 : 声道の曲がりおよび断面形状の簡略化の影響
Other Titles: A Study of the Acoustic Characteristics of the Vocal Tracts by 3-D Finite Element Method : Influences of the Simplification of the Bend and Cross-sectional Shape of the Vocal Tract
Authors: 松崎, 博季
元木, 邦俊
三木, 信弘
MATSUZAKI, Hiroki
MOTOKI, Kunitoshi
MIKI, Nobuhiro
Keywords: 3次元有限要素法
日本語母音
声道伝達特性
声道モデル
3-D finite element method
Japanese vowels
vocal tract transfer function
vocal tract model
Issue Date: 20-Feb-2004
Publisher: 北海学園大学工学部
Abstract: 日本語5母音の声道形状をできる限りそのまま適用した声道モデルと,声道横断面のだ円近似,および声道の曲がりの省略という簡略化を施した近似モデルの音響特性を3次元の有限要素法を用いて求めた。これらの結果の比較により声道形状の簡略化の影響,及び声道壁を剛壁と仮定した場合の影響について検討した。この結果,これらの簡略化したモデルが基準としたモデルの近似として有効と考えられるのは,第3ホルマント周波数程度までとなった。また,声道壁を剛壁とした場合,声道伝達特性に高次モードによる鋭いピークと零点が3 kHz前後から出現するが,声道壁を軟らかい壁とした場合,これらのピークと零点の発生が抑えられることが示された。
Using the 3-D finite element method (FEM), the purpose of this study is to investigate the acoustic characteristics of vocal tract models, which are specific to the five Japanese vowels' vocal tract shapes, minimally distorted, and their approximation mod
URI: http://hokuga.hgu.jp/dspace/handle/123456789/772
Appears in Collections:第31号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KOUGAKU-31-7.pdf1.36 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.