DSpace
Hokkai-Gakuen Organization of Knowledge Ubiquitous through Gaining Archives
 

HOKUGA >
北海学園大学 >
工学部・工学研究科 >
研究紀要 >
北海学園大学工学部研究報告 >
第31号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hokuga.hgu.jp/dspace/handle/123456789/773

Title: 3次元有限要素法による声道音響特性の検討 : 声道の分岐および口唇部突き出しの影響
Other Titles: A Study of Acoustic Characteristics of the Vocal Tract by 3-D Finite Element Method : Influences of the Branches and the Lips of the Vocal Tract
Authors: 松崎, 博季
元木, 邦俊
三木, 信弘
MATSUZAKI, Hiroki
MOTOKI, Kunitoshi
MIKI, Nobuhiro
Keywords: 有限要素法
3次元声道形状モデル
声道伝達特性
口唇部突出し
梨状窩
喉頭蓋谷
Finite element method
three-dimensional vocal tract geometrical model
vocal tract transfer function
protrusion of the lips
the pyriform fossa
the valleculla
Issue Date: 20-Feb-2004
Publisher: 北海学園大学工学部
Abstract: 口唇部突出し,梨状窩および喉頭蓋谷の音響特性に与える影響を調べるために,有限要素法を用いて3次元声道形状モデル内の音響特性のシミュレーションを行った。オリジナルの声道形状モデルと,口唇部突出し,梨状窩あるいは喉頭蓋谷の省略を行ったモデルの声道伝達特性を計算し,比較,検討を行った。オリジナル声道形状モデルを母音/a/発声時のMRIデータを使用して作成した。実験結果より,第3ホルマント周波数より高域では分岐による,あるいは分岐の省略による零点やピークが生じることが示された。この周波数領域では口唇部突出しの影響はほとんど現れなかった。第1~3ホルマント周波数の範囲では口唇部突出しや分岐は,各部位の存在と干渉することなく独立して各ホルマントを移動させることが示された。
To investigate influences of the protrusion of the lips and the short branches of the pyriform fossa and the valleculla, acoustic characteristics of three-dimensional geometrical vocal tract models were simulated by finite element method. The vocal tract
URI: http://hokuga.hgu.jp/dspace/handle/123456789/773
Appears in Collections:第31号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KOUGAKU-31-8.pdf995.99 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.