DSpace
Hokkai-Gakuen Organization of Knowledge Ubiquitous through Gaining Archives
 

HOKUGA >
北海学園大学 >
工学部・工学研究科 >
研究紀要 >
北海学園大学工学部研究報告 >
第35号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hokuga.hgu.jp/dspace/handle/123456789/839

Title: 舌の4立方体モデルから得られた簡易声道形状モデルに関する有限要素法による音響シミュレーション
Other Titles: Acoustic Simulation by FEM of Simple Vocal-Tract Geometrical Model Obtained from 4-Cube Tongue Model
Authors: 松崎, 博季
高野, 佐代子
元木, 邦俊
MATSUZAKI, Hiroki
TAKANO, Sayoko
MOTOKI, Kunitoshi
Issue Date: 0-Feb-2008
Publisher: 北海学園大学工学部
Abstract: 筆者らは人間の音声生成機構を模擬する舌および音響モデルの作成を目指している.これまでに磁気共鳴映像法(MRI)による発声時の舌の内部変形運動の計測を行い,さらにその運動特徴の実現を目指して4立方体舌形状モデルで舌の調音運動/ei/のシミュレーションを有限要素法(FEM)により行った.本稿では舌の調音運動/ei/のFEMシミュレーションの結果を用いて簡易声道モデルを作成し,時間的に変化する声道モデルの音響特性をFEMにより求めた.実際の人間の音声/e/および/i/の特徴と比較した結果と今後の課題について報告する.
URI: http://hokuga.hgu.jp/dspace/handle/123456789/839
Appears in Collections:第35号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KOUGAKU-35-13.pdf906.04 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.