DSpace
Hokkai-Gakuen Organization of Knowledge Ubiquitous through Gaining Archives
 

HOKUGA >
北海学園大学 >
工学部・工学研究科 >
研究紀要 >
北海学園大学工学部研究報告 >
第36号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hokuga.hgu.jp/dspace/handle/123456789/845

Title: 駐車監視員制度の創設による路上駐停車行動の変化に関する調査研究
Other Titles: Research about the Civic Evaluation in the Use of the Urban Traffic System
Authors: 堂柿, 栄輔
吉田, 文夫
佐藤, 哲身
DOGAKI, Eisuke
YOSHIDA, Fumio
SATO, Tetsumi
Issue Date: 20-Feb-2009
Publisher: 北海学園大学工学部
Abstract: 平成18年6月より導入された民間有資格者による駐車監視員制度は,駐車規制に関する過去の道路交通法改正の中でも大きな制度変更であった,この制度の施行により,ドライバーの駐停車行動には相当の変化が予測されたが,本研究では当制度の導入効果を駐車時間長や駐車目的及び放置行動の変化等から統計的に示した.このための調査は,制度の実施以前と直後及び一年後の3時点で行ったが,これより予期し得たまたは予期し得なかったいくつかの駐停車行動の変化を示すことが出来た.同時に路上駐停車行勤への待ち行列モデルの適用により,当制度の実施効果をうろつき交通の削減からも示した.
URI: http://hokuga.hgu.jp/dspace/handle/123456789/845
Appears in Collections:第36号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KOUGAKU-36-4.pdf1.81 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.