DSpace
Hokkai-Gakuen Organization of Knowledge Ubiquitous through Gaining Archives
 

HOKUGA >
北海学園大学 >
工学部・工学研究科 >
研究紀要 >
北海学園大学工学部研究報告 >
第36号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hokuga.hgu.jp/dspace/handle/123456789/853

Title: 声道壁インピーダンスを考慮した高次モードの伝搬定数について
Other Titles: Propagation Constant of Higher-order Modes with Vocal-tract Wall Impedance
Authors: 元木, 邦俊
松崎, 博季
MOTOKI, Kunitoshi
MATSUZAKI, Hiroki
Issue Date: 20-Feb-2009
Publisher: 北海学園大学工学部
Abstract: 声道形状の猫方向の空間的なひろがりの効果を高次モードを含めて計算することができる矩形音響管の縦続接続モデルが既に提案されている.このモデルでは,平面波伝搬の仮定が成立しない高い周波数域での伝達特性や空問的な音圧分布を比較的少ない計算量で評価することができるものの,高次モードを含めた放射負荷は考慮しているが,音響管内部を無損失と仮定している.本稿では,このモデルに壁インピーダンスを導入し,高次モードの伝搬定数の計算法と声道伝達特性に与える影響について報告する.
URI: http://hokuga.hgu.jp/dspace/handle/123456789/853
Appears in Collections:第36号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KOUGAKU-36-12.pdf780.5 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.