DSpace
Hokkai-Gakuen Organization of Knowledge Ubiquitous through Gaining Archives
 

HOKUGA >
北海学園大学 >
工学部・工学研究科 >
研究紀要 >
北海学園大学工学部研究報告 >
第36号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hokuga.hgu.jp/dspace/handle/123456789/854

Title: 階層的なアイヌ語・日本語対訳データの構成と層指定解析ツールの開発
Other Titles: Development of Analysis Tool for Hierarchical Ainu-Japanese Translation Data
Authors: 安曇, 恭徳
桃内, 佳雄
AZUMI, Yasunori
MOMOUCHI, Yoshio
Issue Date: 20-Feb-2009
Publisher: 北海学園大学工学部
Abstract: アイヌ語・日本語機械翻訳システムの開発やアイヌ語と日本語の対照言語学的な考察にとって,アイヌ語・日本語対訳データの構成とその利用のしくみの構築は有用である.本報告では,アイヌ語・日本語対訳データの階層的な構成と問題点について述べた後,階層的な構成を考慮に入れたデータ解析のための層指定解析ツールの開発と応用について報告する.層指定解析ツールの開発は,オブジェクト指向に基づくモデリング言語UMLを用いて設計を進め,オブジェクト指向型言語Javaにより実現しており,そのモデリングの概要についても述べる.
URI: http://hokuga.hgu.jp/dspace/handle/123456789/854
Appears in Collections:第36号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KOUGAKU-36-13.pdf326.33 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.