DSpace
Hokkai-Gakuen Organization of Knowledge Ubiquitous through Gaining Archives
 

HOKUGA >
北海学園大学 >
工学部・工学研究科 >
研究紀要 >
北海学園大学工学部研究報告 >
第37号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hokuga.hgu.jp/dspace/handle/123456789/857

Title: 時間制限駐車区間での路上駐停車行動の判別に関する調査研究
Other Titles: The Research about the Parking and Stopping Action of the Car in the Time Restrictions Parking Bay
Authors: 堂柿, 栄輔
吉田, 文夫
佐藤, 哲身
DOGAKI, Eisuke
YOSHIDA, Fumio
SATO, Tetsumi
Issue Date: 22-Feb-2010
Publisher: 北海学園大学工学部
Abstract: 本研究は,時間制限駐車区間での路上駐停車行動を,判別分析その他の統計的手法から明らかにすることを目的とした.従来から我が国の路上駐車対策の基本は,路上から路外への転換である.しかし現在の道路交通法が制定されて以来半世紀,法律を厳格に実行することを目標としながら,この問題は常に問題で有り続けた.大都市での路上駐車対策が,都市機能維持のための路上から路外への転換策の検討であるのに対し,地方都市のそれは道路空間でのトラフィック機能とアクセス機能の共存策にある.本研究は後者の視点での研究であり,実態調査の分析から路上駐車の管理に必要ないくつかの知見を得ることが出来たものと考える.
URI: http://hokuga.hgu.jp/dspace/handle/123456789/857
Appears in Collections:第37号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KOUGAKU-37-2.pdf621.05 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.