DSpace
Hokkai-Gakuen Organization of Knowledge Ubiquitous through Gaining Archives
 

HOKUGA >
北海学園大学 >
工学部・工学研究科 >
研究紀要 >
北海学園大学工学部研究報告 >
第37号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hokuga.hgu.jp/dspace/handle/123456789/864

Title: A. Kehlerによる談話における連接関係の分類について
Other Titles: Classification of Coherence Relations in Discourse by A. Kehler
Authors: 桃内, 佳雄
MOMOUCHI, Yoshio
Issue Date: 22-Feb-2010
Publisher: 北海学園大学工学部
Abstract: 人間の談話理解過程における基本的な解析過程として,談話における連接関係と照応関係の解析過程がある.A. Kehlerは,哲学者D. Humeによる,人間の思考における観念の連合に関する基本的な原理に基づいて連接関係の分類を行い,連接関係の解析過程についての考察を進めている.連接関係と照応関係の解析を統合的に捉える仕組みを提案し,心理言語学的な実験,脳科学的な実験も行いながらその妥当性の検証も進めている.本解説は,Kehlerが進めている談話における連接関係の分類に関する研究の基本的な部分について解説を行うものである.
URI: http://hokuga.hgu.jp/dspace/handle/123456789/864
Appears in Collections:第37号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KOUGAKU-37-9.pdf271.18 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.