DSpace 北海学園学術情報リポジトリ
Hokkai-Gakuen Organization of Knowledge Ubiquitous through Gaining Archives

北海商科大学 >
商学部・商学研究科 >
研究紀要論文 >
北海商科大学論集 >
第7巻 第1号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hokuga.hgu.jp/dspace/handle/123456789/3433

タイトル: 森林保養地における顧客満足度および森林環境のイメージ評価 -北海道津別町の意識調査から-
その他のタイトル: Customer Satisfaction in Forest Resort and Image Evaluation on Forest Environment-Based on a Questionnaire survey in Tsubetsu, Hokkaido-
著者: 田辺, 隆司
三宅, 晋司
Tanabe, Takashi
Miyake, Shinji
キーワード: 森林保養地
forest resort
healing effect
forest therapy
customer satisfaction
image evaluation
発行日: Feb-2018
出版者: 北海商科大学学術研究会
抄録: 本稿の目的は、地域住民に幅広く利用されるために、訪問へのモチベーションが上がるような森林保養地の形態を考察することにある。研究の背景には、森林保養地が他の観光地と類似しているところがあるため、その効能や魅力が十分に認知されにくいことがある。そこで、森林セラピー基地を擁する北海道津別町を選定し、町民に対して意識調査を実施した。選択式質問では、町民の森林保養地への訪問回数と印象との間に関係が見られた。顧客満足度調査からは、最も改善の必要性があるのは、他の観光地との連携であった。また、イメージ評価から、森林保養地の利点は、映像や音の活用によって一層明確に認知されると推察した。
The aim of this paper is to examine the content of a forest resort that motivates local residents to widely use it. Because forest resorts are similar to other tourist areas, people often fail to recognize the efficacy and appeal of forest resorts. To investigate this problem, an attitude survey was given to local residents in Tsubetsu Town, Hokkaido that has a forest therapy base. Based on responses to multiple choice questions, a correlation was found to exist between the number of visits to the resort and the impression that local residents had toward that resort. Responses to a customer satisfaction survey indicated a need to greatly improve cooperation with other tourist areas. In addition, it was surmised from the responses given to the image evaluation survey that the advantage of forest resorts would be better and more clearly perceived via the utilization of video and audio.
URI: http://hokuga.hgu.jp/dspace/handle/123456789/3433
ISSN: 21863296
出現コレクション:第7巻 第1号


ファイル 記述 サイズフォーマット
7-1.pdf1.12 MBAdobe PDF見る/開く