DSpace
Hokkai-Gakuen Organization of Knowledge Ubiquitous through Gaining Archives
 

HOKUGA >
北海学園大学 >
工学部・工学研究科 >
研究紀要 >
北海学園大学工学部研究報告 >
第37号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hokuga.hgu.jp/dspace/handle/123456789/863

Title: 音響管共鳴の可視化と基本的な声道モデルの構成手順
Other Titles: Visualization of Resonance of Acoustic Tubes and Procedure to Construct Basic Vocal-tract Model
Authors: 元木, 邦俊
MOTOKI, Kunitoshi
Issue Date: 22-Feb-2010
Publisher: 北海学園大学工学部
Abstract: 本稿は,音声の生成過程を考察する際に必要な声道モデルについて述べたものである.時間域表現と定常状態での音場分布に基づいて音響管の共鳴が生じる現象を説明した上で,従来から用いられている1次元音響管モデルの構成手順について述べる.また,近年盛んに行われている3次元声道モデルの数値解析の現況についても簡単に述べる.
URI: http://hokuga.hgu.jp/dspace/handle/123456789/863
Appears in Collections:第37号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KOUGAKU-37-8.pdf931.86 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.