DSpace 北海学園学術情報リポジトリ
Hokkai-Gakuen Organization of Knowledge Ubiquitous through Gaining Archives
 

HOKUGA >

ブラウズ: タイトル

移動先: 0-9 A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
タイトルの先頭数文字を入力して移動:   

アイテム表示: 21-41 / 2702.

前ページ 次ページ
発行日タイトル著者
31-Aug-2006 21世紀の文化戦略(『北海道における発展条件の創出に関する研究-開発庁統廃合後における地域再生政策の検討』(II)) 森, 啓; MORI, Kei
20-Feb-2004 2台の自律移動ロボットによる長尺物の協調搬送 深谷, 健一; 藤田, 雅人; FUKAYA, Ken-ichi; FUJITA, Masato
30-Mar-2013 3.11と再生可能エネルギー・ルネッサンス 小坂, 直人; KOSAKA, Naoto
20-Feb-2004 3次元有限要素法による声道音響特性の検討 : 声道の分岐および口唇部突き出しの影響 松崎, 博季; 元木, 邦俊; 三木, 信弘; MATSUZAKI, Hiroki; MOTOKI, Kunitoshi; MIKI, Nobuhiro
20-Feb-2004 3次元有限要素法による声道音響特性の検討 : 声道の曲がりおよび断面形状の簡略化の影響 松崎, 博季; 元木, 邦俊; 三木, 信弘; MATSUZAKI, Hiroki; MOTOKI, Kunitoshi; MIKI, Nobuhiro
30-Jun-2003 <Article>Comparing Households, Labour Markets and Welfare States in Canada, Japan and Beyond CLEMENT, Wallace
25-Sep-2003 <Note>The Power of a Child's Imagination KOIKE, Naoko; 小池, 直子
31-Mar-2007 <判例研究>1 いわゆる仕手筋として知られるAが大量に取得したB社の株式を暴力団の関連会社に売却するなどとB社の取締役であるY_1らを脅迫した場合においてAの要求に応じて巨額の金員を交付することを提案しまたはこれに同意したY_1らの過失を否定することができないとされた事例 2 会社から見て好ましくないと判断される株主が議決権等の株主の権利を行使することを回避する目的で当該株主から株式を譲り受けるための対価を何人かに供与する行為と商法(平成一二年法律第九〇号による改正前のもの)二九四条の二第一項にいう「株主 中元, 啓司; NAKAMOTO, Hiroshi
30-Sep-2009 <判例研究>いわゆるフルペイアウト方式によるファイナンス・リース契約中の、ユーザーについて民事再生手続開始の申立てがあったことを契約の解除事由とする旨の特約の効力 酒井, 博行; SAKAI, Hiroyuki
31-Mar-2006 <判例研究>ゴルフ場クラブハウス内貴重品ロッカーでの銀行キャッシュカード盗難につき商事寄託の成立と場屋営業者の注意義務違反等を否定して損害賠償請求を棄却した事例 中元, 啓司; NAKAMOTO, Hiroshi
31-Dec-2009 <判例研究>一 乙会社から取立委任を受けていた約束手形につき商事留置権を有する甲銀行が乙会社の民事再生手続開始決定後に当該手形を取り立てた取立金を甲銀行の乙会社に対する債権の弁済に充当することの許否(消極) 二 甲銀行が乙会社から取立委任を受けていた約束手形を取り立てた取立金を甲銀行の乙会社に対する債権の弁済に充当することが許されない場合と甲銀行の乙会社に対する不当利得の成否(積極) 酒井, 博行; SAKAI, Hiroyuki
0-Mar-2008 <判例研究>一 受送達者あての訴訟関係書類の交付を受けた同居者等と受送達者との間にその訴訟に関して事実上の利害関係の対立がある場合における上記書類の補充送達の効力 二 受送達者あての訴訟関係書類の交付を受けた同居者等がその訴訟に関して事実上の利害関係の対立がある受送達者に対して上記書類を交付しなかったため受送達者が訴訟が提起されていることを知らないまま判決がされた場合と民訴法三三八条一項三号の再審事由 : 最高裁判所平成一八年(許)第三九号、再審請求棄却決定に対する抗告棄却決定に対する許可抗告事件、平成一 酒井, 博行; SAKAI, Hiroyuki
31-Mar-2009 <判例研究>入会集団の一部の構成員が訴えの提起に同調しない構成員を被告に加えて構成員全員が訴訟当事者となる形式で第三者に対する入会権確認の訴えを提起することの許否 酒井, 博行; SAKAI, Hiroyuki
30-Jun-2009 <判例研究>少年事件における抗告審後の受差戻審である家裁の事実取調について : 最三小決平二十年七月一一日(刑集六二巻七号一九二七頁、判時二〇二一号一五七頁いわゆる「大阪地裁所長襲撃事件」) 飯野, 海彦; IINO, Umihiko
0-Sep-2007 <判例研究>少年法四五条四号により同法一七条一項二号の措置が勾留とみなされる場合に、少年である被疑者を警察署の留置場へ収容することに同意した裁判に対する準抗告申し立て事件において、原裁判を取り消し、検察官の収容場所同意請求につき同意しなかった事例 : 東京家裁八王子支決平成一八年三月九日家裁月報五八巻六号八四頁 飯野, 海彦; IINO, Umihiko
31-Dec-2005 <判例研究>訴訟上の救助の決定に対し訴訟の相手方当事者が即時抗告をすることの可否 酒井, 博行; SAKAI, Hiroyuki
30-Sep-2008 <判例研究>銀行が法令により義務付けられた資産査定の前提として債務者区分を行うために作成し、保存している資料は、民訴法220条4号ニ所定の「専ら文書の所持者の利用に供するための文書」に当たるか 酒井, 博行; SAKAI, Hiroyuki
0-Sep-2007 <判例研究>風俗営業所の拡張変更承認処分の取消訴訟と風俗営業制限地域居住者等の原告適格 : 大阪地裁平成一八年一〇月二六日判決(判例地方自治二九〇巻一二〇頁) 近藤, 哲雄; KONDO, Tetsuo
31-Dec-2006 <判例評釈> 一.賃借建物の通常の使用に伴い生ずる損耗について賃借人が原状回復義務を負う場合 二.賃借建物の通常の使用に伴い生ずる損耗について賃借人が原状回復義務を負う旨の特約が成立していないとされた事例 : 最二判平成一七年一二月一六日(裁時一四〇二号六頁、判時一九二一号六一頁、判タ一二〇〇号一二七頁) 山本, 弘明; YAMAMOTO, Hiroaki
30-Sep-2006 <判例評釈>救急患者から明示的な承諾を得ないまま治療目的で採尿し薬物検査をした医師の通報により警察官が行った尿の押収手続の適法性 : 最高裁平成一七年七月一九日第一小法廷決定(刑集五九巻六号六〇〇頁、判時一九〇五号一四四頁、判タ一一八八号二五一頁) 飯野, 海彦; IINO, Umihiko
31-Oct-1997 <史料所見>中世後期イギリスにおけるクレーリクス=レーギスの給養 東出, 功; HIGASHIDE, Isao
前ページ 次ページ